運営者

会社設立のためには登記が必要になってきます。ですが、この登記の代行は司法書士しかしてはならない、と法律で定められています。全うな事務所であればそうそうあり得ることではないのですが、税理士が無料で登記の代行をする、と謳っている事務所は避けてください。最低限の法律すら順守できないのであれば、その業務能力も高が知れています。

なので、税理士に依頼する内容としては税務についての事柄を中心とした相談に終始する事になります。また、会社の設立を使用か迷っているという方でしたら、税理士に相談することで資金面や税務面から会社として発展させるべきか、そのまま個人事業主としてやっていくべきかアドバイスしてくれる事でしょう。税務のプロからの意見なのでとても参考になるはずです。迷っている方はぜひ一度相談だけでもしてみては如何でしょう。

その他にも事業計画の作成についてのアドバイス、企業資金やそれに伴う補助金や助成金についてアドバイスや利用できるものがあるかどうか確認する事もできます。また、会社設立をする際には役員報酬なども決めることになるかと思いますが、そうした報酬の金額も会社の収入との適切なバランスをアドバイスしてくれます。