運営者

会社を設立する事はいくつかのメリットがあります。設立時にはお金がかかってしまいますが、設立してしまえば大半の事を経費として落とすことが出来ますし、赤字が出てしまった時にも、青色申告が前提にはなりますが、翌年以降に繰り越すことが可能です。法人でしたら9年間の繰り越しが可能です。

また、業務を拡大する際にも、大手企業との連携や銀行の融資を受ける際にも会社という体裁を取っていれば信用が得られるので、事業拡大には必要不可欠と言えるでしょう。そして、税制面でもかなりの優遇が受けられます。この税制面の優遇を受けるために税理士に相談するという事が大切になってくるのです。

会社設立時に税理士に相談することで会社設立初期の段階から今後の税務体制を整える事が出来ます。そうした税務体制をしっかりと整えておく事で、支払う税金を低く抑えることが出来るのです。また、基本的には会社設立の相談依頼をした税理士がそのまま顧問税理士として会社に就くことになるのですが、そうした顧問税理士が就いてくれれば銀行などに融資してほしい時などにはかなり有利に事が運びます。税務を任せることで税金を抑えられて、更に融資にも強いとなると会社の生命線ともいえる資金面にかなり強くなれる事は確実でしょう。

このページではそうした税理士に会社設立の相談をする事のメリットについて紹介します。これから会社設立するという方も、会社設立しようか迷っているという方も一度ご覧ください。