相談しやすい税理士を

運営者

このように会社の設立の際には様々な有用なアドバイスを貰える事が期待できる税理士ですが、ではどのような税理士を選ぶのが良いのか、という事についても紹介します。税理士も当然、人間ですので相談する自分自身との性格が合うかどうかは重要になってきます。会社設立のようなデリケートかつ重要な話の場合は特にそうした事は重視した方が良いでしょう。

また、同様に税理士が親身になって話を聞いてくれるかどうかも人によっては重要でしょう。システマチックに処理される方が性に合っている、という方もいますので、そうした税理士を否定はしませんが、大半の方は小さな疑問にもしっかりと答えてくれるような方に相談する方が話しやすいかと思います。

税理士と言えど税務についての何もかもすべてを知っている事が当然、というわけではありません。複雑な税務システムについては税理士によって得手不得手がありますから、自分の会社の業種に強い税理士を探して相談しましょう

また、税理士以外に行政書士の資格も持っている方でしたら、登記に必要な定款の作成や、公証人役場での認証手続きを依頼する事もできますので、そうした複数の資格を持っている税理士に相談しておけば後々楽になります。税理士事務所もそこに所属する税理士も様々な人がいますので、自分にあった税理士と自分の会社を設立していってください。

様々な相談を

運営者

会社設立のためには登記が必要になってきます。ですが、この登記の代行は司法書士しかしてはならない、と法律で定められています。全うな事務所であればそうそうあり得ることではないのですが、税理士が無料で登記の代行をする、と謳っている事務所は避けてください。最低限の法律すら順守できないのであれば、その業務能力も高が知れています。

なので、税理士に依頼する内容としては税務についての事柄を中心とした相談に終始する事になります。また、会社の設立を使用か迷っているという方でしたら、税理士に相談することで資金面や税務面から会社として発展させるべきか、そのまま個人事業主としてやっていくべきかアドバイスしてくれる事でしょう。税務のプロからの意見なのでとても参考になるはずです。迷っている方はぜひ一度相談だけでもしてみては如何でしょう。

その他にも事業計画の作成についてのアドバイス、企業資金やそれに伴う補助金や助成金についてアドバイスや利用できるものがあるかどうか確認する事もできます。また、会社設立をする際には役員報酬なども決めることになるかと思いますが、そうした報酬の金額も会社の収入との適切なバランスをアドバイスしてくれます。

会社設立の相談を

運営者

会社を設立する事はいくつかのメリットがあります。設立時にはお金がかかってしまいますが、設立してしまえば大半の事を経費として落とすことが出来ますし、赤字が出てしまった時にも、青色申告が前提にはなりますが、翌年以降に繰り越すことが可能です。法人でしたら9年間の繰り越しが可能です。

また、業務を拡大する際にも、大手企業との連携や銀行の融資を受ける際にも会社という体裁を取っていれば信用が得られるので、事業拡大には必要不可欠と言えるでしょう。そして、税制面でもかなりの優遇が受けられます。この税制面の優遇を受けるために税理士に相談するという事が大切になってくるのです。

会社設立時に税理士に相談することで会社設立初期の段階から今後の税務体制を整える事が出来ます。そうした税務体制をしっかりと整えておく事で、支払う税金を低く抑えることが出来るのです。また、基本的には会社設立の相談依頼をした税理士がそのまま顧問税理士として会社に就くことになるのですが、そうした顧問税理士が就いてくれれば銀行などに融資してほしい時などにはかなり有利に事が運びます。税務を任せることで税金を抑えられて、更に融資にも強いとなると会社の生命線ともいえる資金面にかなり強くなれる事は確実でしょう。

このページではそうした税理士に会社設立の相談をする事のメリットについて紹介します。これから会社設立するという方も、会社設立しようか迷っているという方も一度ご覧ください。